決算書を理解する!(4)

運営者

品川区の藁信博税理士事務所

住所:東京都品川区旗の台4丁目7番6号

電話:03-5749-4568

藁会計事務所のfacebookページは、こちら

TOPお問合せLINK

Copyright(C) Wara Kaikeijimusyo, All rights reserved.
当ホームページの記載、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます

品川区、世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、川崎市の藁税理士事務所

wara に投稿

今回は、ちょっと、教科書的になってしまいますが、ここが踏ん張りどころです。

損益計算書と貸借対照表

ここまで売上についてみてきましたが、ここで損益計算書と貸借対照表を整理しておきましょう。

決算書には、損益計算書、貸借対照表、株主資本変動計算書、キャッシュフロー計算書などがありますが、特に損益計算書と貸借対照表は注意してみる必要があります。

損益計算書

売上や売上原価は、損益計算書に記載されます

教科書っぽく説明すると!損益計算書では、一定期間の収益と費用の差額により利益の計算が行われます。上記の損益計算書では平成23年の1月から12月までの収益から費用を控除することで利益の計算をしています。

貸借対照表

現金や預金、売掛金、機械、借入金は貸借対照表に記載されます。

貸借対照表では、財産法により利益計算がおこなわれます。
上記の貸借対照表では平成23年12月31日現在における財産から債務と投下資本を控除することで利益の計算をしています。 財産10億円(資産の部計)-債務7億円(負債の部計)-投下資本290,604,000円(資本金+繰越利益)=9,396,000円(当期利益)

損益計算書と貸借対照表の関係

損益計算書と貸借対照表は、表裏一体の関係です。 最初に1000円を投資して会社を設立したとします。 その1000円を元手に、まず500円を支払って商品を仕入れました。その商品を1年をかけて1000円で売りました。その1年間で使った必要経費は250円でした。 損益計算書で計算すると250円の利益となります。 全てが終わった後に現金を数えたら1250円であるはずです。 貸借対照表を作ると上記のようになります。 貸借対照表は、一定期間の損益と次の期間の損益とを結びつける役目を担っています。