僕は悪くない(弊社情報誌より転載)

運営者

品川区の藁信博税理士事務所

住所:東京都品川区旗の台4丁目7番6号

電話:03-5749-4568

藁会計事務所のfacebookページは、こちら

TOPお問合せLINK

Copyright(C) Wara Kaikeijimusyo, All rights reserved.
当ホームページの記載、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます

品川区、世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、川崎市の藁税理士事務所

wara に投稿

人は皆、「正しくありたい」と考えています。しかし、その「正しくとありたい」と考えている人が、なぜ、正しくない決定や判断をしてしまうのでしょうか?

この記事は、弊社情報誌「way to the Top2010 12月号」に掲載されたものです。

面白い実験があります。5人で一緒に部屋に入り、X線とA線、B線、C線を見せて、「X線と同じ長さの線はどれか?」という簡単な実験です。答えは、B線です。ただこの実験の参加者の5人のうち4人は、さくらです。さくら4人が答えてから、実験の対象者に答える順番が回ってくるように仕組まれています。さくら達は4人とも、間違えであるA線だと答えます。被験者が「A線である。」と答える割合は、35%にも達します。

同調 

これが、「同調」です。同調とは、「他の人から圧力ないしは、想像上の圧力を受けた結果、自分の行動や意見が変化すること」をいいます。

このことから、人は正しくありたいと思っていますが、それと同時に、他の人々の期待に沿うよう行動して気に入られたいと、強く思っている社会的な存在だということです。

この実験は、大学の社会心理学の教室で行われた実験ですが、閉じられた社会の一つである会社の中で、もし、このような事が起きているとすれば、とても恐ろしいことですね。

また、この同調を増大させたり、減少させたりすることも可能です。例えば、どのような人たちが集団を構成しているかで、同調が強化されます。全般的に自分自身を低く評価している人たちは、自己評価の高い人たちよりも、集団圧力にはるか屈しやすいので、自己評価の高い集団の中に、自己評価の低い人を入れることで、簡単に意見を変えさせることができます。、

自己正当化

自分の大失敗を、自分の周りのせいにする傾向があります。一方他人の大失敗は、その人間の性格的欠陥や能力の欠如とする傾向があります。

例えば、もしあなたの営業成績が上がらず、上司に怒られたとします。当然、自分以外の周りのせいであると考えます。例えば、その上司が良い営業案件を提供しないからだ、上司の指示が悪い。自分はベストを尽くしたのに会社の体制が悪い。その上、商品も良くない。という具合に、全ての問題は自分以外のところにあるといいます。

一方で、あなたの隣の課の女性が営業成績が上がらず、上司に怒られていたとすれば、観察者であるあなたは、「あの女は、机の上は散らかっているし、スケジュールは守らない、営業知識も足らないし・・。」という具合に、本人の能力や知識、技量が足らないと指摘します。

さらに、あなたとあなたの信頼する部下が一緒に、上司から怒られていたらどうなるでしょうか。勿論、自分達の周りが悪いと考え、自分達を守ろうとします。

このように大多数の人々は、自分自身の行為や信念や感情を正当化するよう動機づけられています。そうでなければ自尊心を維持できないからです。また、自己を正当化するもの(帰属)は高く評価する傾向があり、自分に関係のないもの(帰属)は、低く評価する傾向があります。 

先か後か

2人の副社長が会社の経営方針を、プレゼンテーションします。経営方針の方向性は、このプレゼンにかかっています。会議室に入ると社長から、先に話すか、それとも後から話すかを尋ねられました。

さあ、あなたならどうしますか?

最初に話せば有利かもしれません。第一印象が、やっぱり決め手だからです。もし、先に話し参加者達を自分の側に付けることができれば、相手は自分の提案を覆さなければならないし、参加者に私の提案をダメだと説得しなければならないからです。

反対に、後から話す方が有利かもしれません。人は会議室を出るときに、後に聞いたプレゼンの記憶が強く残っているものだからです。先にどんなにすばらしいプレゼンをしても会議が終わる頃には忘れているかもしれません。

これは学習と保持の両方を含む難しい問題だそうです。他の全ての条件が同じであるならば、最後に行われたプレゼンの方が記憶に残りやすい。それは、単に後ろの方が、経営方針の決定時に、時間的に近いからです。学習という側面から見ると、最初に学んだことが、後から学ぶことを妨害し抑制します。先に学んだことが、そのことを考える際の基準となるからです。

 

参考文献 『ザ・ソーシャル・アニマル』E・アロンソン著