持ち株会とグループ法人税制

運営者

品川区の藁信博税理士事務所

住所:東京都品川区旗の台4丁目7番6号

電話:03-5749-4568

藁会計事務所のfacebookページは、こちら

TOPお問合せLINK

Copyright(C) Wara Kaikeijimusyo, All rights reserved.
当ホームページの記載、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます

品川区、世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、川崎市の藁税理士事務所

wara に投稿

持株会がある場合に、グループ法人税制の取り扱いはどうなるのでしょうか?

例えば、発行済株式数200,000株の中小企業の株主構成が、オーナー180,000株、従業員持株会20,000株だったら、グループ法人税制の適用はあるのでしょうか?

国税庁が8月13日に出した、グループ法人税制質疑応答集にうよると、「一定の従業員持株会の保有割合が5%未満である場合には、その5%未満の株式を発行済み株式か除いたところで保有割合を計算を計算する。」とあります。つまり事例の場合には、20,000株÷200,000株=10%で、5%超であるために、判定上は除外されず、オーナーの保有割合が90%である、つまり100%の持ち株関係がないため、グループ法人税制の適用がないことになります。

従業員の持ち株割合が5%超であることが、大事ということになります。