必ずチェックしておきたい平成26年度税制改正!!その8

運営者

品川区の藁信博税理士事務所

住所:東京都品川区旗の台4丁目7番6号

電話:03-5749-4568

藁会計事務所のfacebookページは、こちら

TOPお問合せLINK

Copyright(C) Wara Kaikeijimusyo, All rights reserved.
当ホームページの記載、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます

品川区、世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、川崎市の藁税理士事務所

nishimura に投稿

その8です。

中古住宅の所得時の住宅ローン控除の特別措置の拡充
耐震基準に適合しない中古住宅を取得する場合でも、耐震改修工事を行った後に入居する場合は、住宅ローン控除の適用が可能になりました。
 平成26年4月1日以後に中古住宅を取得し、自己が居住する場合に適用します。
 居住者が、地震に対する安全性の基準に適合しない中古住宅を購入した場合に、この中古住宅を購入する日までに、耐震改修工事の申請等をし、かつ、住み始める日までに耐震改修工事を完了しているという要件を満たす時は、この中古住宅を耐震基準に適合する中古住宅として、住宅ローンの所得税の特別控除の適用を受けることができます。
 この住宅ローン控除の適用には購入前に申請、入居前に改修工事といった各タイミングなどが重要になってきますので、中古住宅購入の際には契約前に思い出して、スケジュール管理をしましょう。
 この改正で住宅ローン控除の適用要件が緩和されたほか、中古住宅の取得の際の住宅取得資金の贈与を受けた場合の非課税措置の規定も改正されていますので、そちらもご参照ください。

~Way to the Top 034号より~