必ずチェックしておきたい平成26年度税制改正!!その4

運営者

品川区の藁信博税理士事務所

住所:東京都品川区旗の台4丁目7番6号

電話:03-5749-4568

藁会計事務所のfacebookページは、こちら

TOPお問合せLINK

Copyright(C) Wara Kaikeijimusyo, All rights reserved.
当ホームページの記載、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます

品川区、世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、川崎市の藁税理士事務所

nishimura に投稿

皆さん、こんにちわ
その4です。

 民間企業等によるベンチャー投資等の促進
これまで、ベンチャー企業に対する投資を促進する税制としては個人投資家を対象としたいわゆる「エンジェル税制」がありましたが、今回創設された税制は法人による投資を促進するための税制となります。
 安倍政権はデフレ脱却と経済再生を日本の最重要課題と捉え、「三本の矢」と呼ばれる政策を推進していますが、この一環として産業の新陳代謝を進めるうえで、多くの人や中小企業が創業や新たな事業にチャレンジしやすい環境を整備する必要があります。そのためには、ベンチャー企業に対して、十分なリスクマネーの供給等が必要となります。
このため、特にこうした環境の整備が急がれる事業拡張段階にあるベンチャー企業などへの支援を徹底するため、産業競争力強化法において必要な経営支援等を行うベンチャー・ファンドを認定する仕組みを設けることとし、税制においてもこうしたベンチャー・ファンドを通じた企業の投資を促進するため、その損失リスクに備えるための措置を講じています。
 具体的にはベンチャーファンドに対して出資する企業が、出資額の8割を限度として損失準備金を積み立てた場合、その金額が税務上の費用にできます。

~Way to the Top 034号より~