必ずチェックしておきたい平成26年度税制改正!! その1

運営者

品川区の藁信博税理士事務所

住所:東京都品川区旗の台4丁目7番6号

電話:03-5749-4568

藁会計事務所のfacebookページは、こちら

TOPお問合せLINK

Copyright(C) Wara Kaikeijimusyo, All rights reserved.
当ホームページの記載、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます

品川区、世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、川崎市の藁税理士事務所

nishimura に投稿

皆さん こんにちわ
今日から数回にわけて、「必ずチェックしておきたい平成26年度税制改正!!」をお送りします。

今回の税制改正は、法人税、所得税、消費税など幅広く、かつ、重要な改正が多数あります。個人で事業を営んでいる方、法人で事業を営んでいる方など、様々な方に関係している改正があります。ご自身の関係がありそうな改正だけでも、ピックアップして一読してほしいと思います。

【平成26年度改正の概要】
 今回の税制改正は「消費税引き上げ」という事態において景気動向を抑えるべく、「景気回復の実現等を意識した多岐・多様に渡る税制改正」となっています。
 「復興特別法人税の1年前倒し廃止」、「交際費課税制度の見直し」などがあり、大企業だけでなく、中小企業にもそのメリットが帰属します。そして、消費税の税率の見直しに対応する「所得拡大税制」とその費用負担をする企業への「生産性向上設備投資促進税制」のさらなる”前倒し促進”などの政策税制が景気維持かつ上昇を担う仕組みとして数多く補完されました。

【法人税改正】
 復興特別法人税の廃止
 当初の予定より1年早く、平成28年3月31日までの期間に開始する事業年度までで、復興特別法人税が廃止されます。
 復興特別法人税制度は、法人の各事業年度の所得金額に対する法人税額に10%の税率を乗じて計算した復興特別法人税額を法人税額と同時期に申告・納付することとされ、利子・配当等の一定の所得化された復興特別所得税額などがある場合には、所定の金額を控除した後の金額を納付することとされています。
 経済の好循環を早期に実現する観点から、経済政策パッケージに盛り込まれた所得拡大促進税制の拡充や政労使会議での取り組みとともに、足元の企業収益を賃金の上昇につなげていくきっかけとするため、復興特別法人税が1年前倒しで廃止されます。

~Way to the Top 034号より~