医療費控除は確定申告で

運営者

品川区の藁信博税理士事務所

住所:東京都品川区旗の台4丁目7番6号

電話:03-5749-4568

藁会計事務所のfacebookページは、こちら

TOPお問合せLINK

Copyright(C) Wara Kaikeijimusyo, All rights reserved.
当ホームページの記載、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます

品川区、世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、川崎市の藁税理士事務所

nishimura に投稿

皆さん、こんにちわ。
ここ数日特に寒い日が続いていますね。
今日は西日本では雪もふりそうですね。

その寒い中12月もあっという間に終わろうとしていますね。
サラリーマンの皆さん、年末調整でお金戻ってきましたか?

ところで医療費控除っていつやるか知ってますか?
年末調整ではなく、確定申告なんです!

今年1年医療費を10万円以上使った人はしっかり領収書ためてますか?
12月31日にちまでためて、しっかり確定申告しましょう。

医療費控除のポイントは

1.自分の医療費以外にも、家族の医療費も一緒に対象にできます。
  奥さんや子供の医療費も家族全員分医療費の領収書はひとまとめにしてとっておきましょう。

2.病院にいくためにのったタクシー代なんかも対象にできます。
  医療費に関係あるかなと思うものはとりあえずとっておいて検討してみましょう。

3.家族の中で一番所得が多い人の分として申告しましょう。
  例えば、ご夫婦で、今年妻が出産した場合で妻は育児休業中という場合、妻の医療費控除として申告しても、
  育児休業期間が今年のどこかからか始まっている場合、夫の方が所得が多いということがあると思います。
  その場合は夫の医療費控除として申告しましょう。

4.申告時には医療費を一覧表にして、原本をまとめたものと、源泉徴収票(会社でもらっているはずです)を持って行きましょう。
  エクセルでも何でもいいので、医療費は一覧表にして、原本はきれいにまとまっていなくてもいいので全部持って行きましょう。
  税務署に行くと電子申告コーナーや相談員の方がたくさんいるので、持ってきた物を伝えれば簡単に申告ができます。

5.還付されるお金を入金してほしい銀行口座がわかる物を持って行きましょう。
  以外と盲点なのが、申告すると還付されるお金の受取方法です。銀行口座がわかれば割とすぐに入金されます。
  ここで注意なのが、申告した人の名義の口座であることです。
  例えば奥さんが旦那さんの申告に行くことはもちろんOKですが、その場合旦那さんの銀行口座がわかるようにしておきましょう。

今年医療費かかっちゃったなあという人は是非トライです!