経営者なら経営しろ!

運営者

品川区の藁信博税理士事務所

住所:東京都品川区旗の台4丁目7番6号

電話:03-5749-4568

藁会計事務所のfacebookページは、こちら

TOPお問合せLINK

Copyright(C) Wara Kaikeijimusyo, All rights reserved.
当ホームページの記載、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます

品川区、世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、川崎市の藁税理士事務所

wara に投稿

『キャズム』(著 ジェフリー・ムーア)という本があります。
日本語版の初版が2002年1月ですから、10年前の古い本です。
この冒頭に「1980年代に、マイク・ブラウンという同名の2人の男が、誰も知らないような会社を設立し、一般人は使わないようなソフトウェアを売り出し、何百万ドルという利益を手にしたとしたら、しかもそれを10年以内に達成したとしたら・・・同じ事が、我々にできないはずはない。」とあります。
ビルゲイツになることはできなくても、マイク・ブラウンという人にはなることができるのではないだろうかと?

この記事は、弊社情報誌「way to the Top2012 04月号」に掲載されたものです。

 

 

ソフトウェア業界は、大きな夢を与えてくれる業界ですが、多くの人が一攫千金を目指して跋扈する世界です。
そこで成功するということは、ある意味、「選ばれた人」であるともいえます。
なぜ、ソフトウェア業界は、大きな夢を与えてくれるのでしょうか。
著者は、ソフトウェア業界には「連続的なイノベーション」ではなく「不連続なイノベーション」が多くあるといっています。
この不連続なイノベーションが、大きな利益を生むからです。

不連続なイノベーション

「不連続なイノベーション」とは、人々の行動様式に変化をもたらすサービスや製品のことです。例えば近々facebookという会社が上場します。
サービス開始からわずか8年で時価総額が1,000億ドル(約8兆円)の企業が誕生することになります。
このfacebookのサービスでみなさんの行動が変わったのではないでしょうか。
facebookにより、友人や知人をより身近に感じることができるようになったのです。
これって凄いことですね。

ソフトウェア業界だけではない!

このような不連続のイノベーションは、ソフトウェア業界に限ったことではありません。
ソフトウェア業界にはその様なことが多くあるに過ぎません。
古くは、ソニーがウォークマンで音楽を家の中から家の外に持ち出すことで我々の行動を変えました。もちろんハイテク製品だけではありません。宅急便、コンビニエンスストア、ネット通販やテレビショッピング等々、いろいろあります。

連続的なイノベーション

「連続的なイノベーション」とはどういったものでしょう。
例えば、薄型テレビを考えてみましょう。
ブラウン管のテレビから薄型テレビに変わったことで、設置面積は、大幅に減りました。
しかし、人々の行動様式を変えるには至っていません。
液晶テレビになってもブラウン管テレビの時と変わらず、テレビの前に座って、気に入った番組になるまでチャンネルを押し続けているはずです。
アナログ放送から地上波デジタル放送に変わったことも同じです。
私たちは相も変わらずテレビの前に座っています。そういえば映像がきれいになったという程度で、それにも慣れてしまいました。
このように革新的な技術や製品であったとしてもユーザーの行動様式を変えない商品やサービスは「連続的なイノベーション」と呼ばれます。

皆さんの業界はどうでしょうか。
あなたには夢がありますか。
あなたの歩んでいるその道の先にあるのは何ですか。
それは、不連続なイノベーションですか、それとも連続的なイノベーションですか。
経営者なら常に自問自答しなければならない問題です。

経営者なら経営しろ

夢を追いかけて、奔走することだけが経営者ではありません。
「いつまでも変わらないこと」を決定することも重要な経営者の選択肢です。
つまり、夢を追いかけることを選択することで失うものもあるからです。
ただ、日々の作業に追いまわされ、些末な作業の毎日を繰り返すことは、仕事をしているという感覚を与えてくれます。
しかし、それは、経営者がおこなうべきことでしょうか。
『プロフェッショナルマネジャー』(ユニクロの柳井正さんが解説?推奨?。ハロルド・ジェニーンが著者で、あのITTの元CEOだった人です。)という本の中に「経営者なら経営しろ。」と書いてあります。
経営者の本来の仕事は経営をする人だということです。
それ以外のことは何も経営者がやらねばならないことではありません。