『営業の赤本』で営業の話(2)