国民健康保険料 上限に達する分岐点は?

運営者

品川区の藁信博税理士事務所

住所:東京都品川区旗の台4丁目7番6号

電話:03-5749-4568

藁会計事務所のfacebookページは、こちら

TOPお問合せLINK

Copyright(C) Wara Kaikeijimusyo, All rights reserved.
当ホームページの記載、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます

品川区、世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、川崎市の藁税理士事務所

umeda に投稿

父親 42歳 給与所得5,118,750円

母親 42歳 給与所得1,421,600円

息子 10歳 所得 0円

娘    5歳 所得 0円

この条件で具体的にこの世帯の健康保険料を計算してみます。

賦課基準額 5,118,750円-330,000円 + 1,421,600円-330,000円 = 5,880,350円

(1) 基礎分 

 5,880,350円×6.13% + 31,200×4人 = 485,265円

(2) 後期高齢者支援金分保険料

 5,880,350円×1.96% + 8,700×4人 = 150,055円

(3) 介護分保険料

 5,880,350円×1.48% + 13,200×2人 = 113,428円

合計 (1)+(2)+(3) = 748,748円

となります。ぎりぎり上限の770,000円にはとどいていません。

ところで、いくら以上収入があれば上限に届くでしょうか?

簡単にするために世帯の人数は1人とします。

計算式は 0.0957%×賦課基準額 + 53,100円 となります。

賦課基準額は収入金額-収入金額×10%+120万円-33万円 ですので、

上限に達する収入金額は9,3000,000円となります。

したがいまして、年間9,3000,000円以上の収入がある人は上限の770,000円に達してそれ以上の健康保険料は支払うことはありません。

ちなみにですが、収入が9,300,000円の人が政府管掌の健康保険に加入した場合は、年間520,920円の負担となります。