運営者

品川区の藁信博税理士事務所

住所:東京都品川区旗の台4丁目7番6号

電話:03-5749-4568

藁会計事務所のfacebookページは、こちら

TOPお問合せLINK

Copyright(C) Wara Kaikeijimusyo, All rights reserved.
当ホームページの記載、写真、イラスト等の無断掲載を禁じます

品川区、世田谷区、目黒区、大田区、渋谷区、川崎市の藁税理士事務所

ブログ

法人設立に必要なもの

admin に投稿

株式会社を設立する為に、準備して頂くものは、以下のとおりです。

1 資本金とする為の現金
2 取締役(発起人)に就任する人の印鑑証明書(各2通)
3 登録免許税(15万円)、定款認証の手数料及び収入印紙、そのほかに司法書士の手数料で合計で約30万円

株式会社を設立する時に、作成する書類。

1 定款(委任状を含む)
2 発起人同意書
3 発起人会議事録
4 払込証明書
5 資本金の額の計上に関する証明書
6 設立時取締役就任承諾書・設立時代表取締役就任承諾書
7 調査報告書

会社設立の手順は、下記のようになります。

1 商号、本店、会社の機関、目的、資本金、出資者、計算期間を決定し、定款を作成。会社印の作成
2 定款の認証
3 資本金の払い込み
4 発起人総会の開催、議事録の作成
5 その他の法務局へ提出する書類の作成
6 法務局に設立書類の提出

 

歯科ベンチマークサービス

admin に投稿

歯科ベンチマークサービスって何?

子供が夏休みに入り、通知表を持って帰ってきました。内容はともかく、大人になると通知表をもらえなくなります。子供の頃は何も考えていないか、そっとテーブルにおいて母親に見つからないうちに、遊びに行ったものです。

事業者がもし通知表をもらう場合には、その位置づけはどんなものでしょうか?事業者として事業を開始した以上は、その事業が存在し続けるため利益を上げるということが第一義となります。しかし、事業として社会に認められ、存在することを許されたらお終いでしょうか?社会には先行する優秀な事業者がいます。そして、事業者としてスタートする以上は高い志を持っていたはずです。もし事業者が通知書をもらえるならば、同業他社との比較、自分の立つ位置がわかります。自分の立つ位置がわかると言うことは、向かうべき方向も見えてくることになります。子供の頃はいやでしょうがなかったものですが、事業者にとっての通知表はなくてはならないものです。

税法改正で賃貸マンションを取得した場合の消費税還付にご注意

admin に投稿

平成22年度の税制改正で、消費税の課税事業者を選択した場合、課税事業者である期間中に購入・取得した調整対象固定資産があるときは、その取得・購入した期間を含む3年間は課税事業者を強制適用されることになりました。

改正前は課税事業者を選択した場合、課税事業者の強制適用は2年間でしたが、この改正でどういう影響があるのでしょうか?

1.課税事業者の選択

消費税は課税事業者が納税義務を負います。

課税事業者とは、基準期間(当期の前々期)における課税売上高が1,000万円を超える場合及び課税事業者を自ら選択している場合などが該当します。

消費税の計算方法には原則方法と簡易課税とがあり、事業者が選択することができます。ただし、簡易課税制度は基準期間における課税売上高が5,000万円以下の事業者しか適用されません。

原則方法は、売上に係る消費税額から仕入れに係る消費税額を差し引いた金額を納付する方法ですが、この仕入れには機械や建物の購入といった設備投資の費用も含まれますので、差し引いた金額がマイナスになることがあります。 この場合はそのマイナス額を消費税の還付額として事業者が受け取ることができます。

銀座でおいしいイタリアンレストラン

admin に投稿

当事務所のお客様の銀座のイタリアンレストランのフェリーチェさんのホームページができました。
3月5日にオープンして、なかなかがんばっています。
銀座で、ゆっくりと、おいしいイタリアンをワインとともに楽しみたい方は、是非ご利用ください。

イタリアンレストラン 銀座のTRATTORIA DA FELICE トラットリア・ダ・フェリーチェ

銀座のイタリアンレストランのおすすめのメニューや最新情報はこちらのブログで

東京都中央区銀座5-14-9
石和田ビル2F
東銀座駅4番出口より徒歩2分
銀座駅A5出口より徒歩6分

TEL:03-3547-6940
LUNCE:11:30‐14:00(LO)
DINNER:18:00‐22:30(LO)
CLOSED ON SUNDAY

税務調査の問題点

admin に投稿

実際に税務調査が行われた場合に「自分の発言で不利になるかもしれないからしゃべりたくない」「どこまで協力すればいいのかわからない」、という声をよく聞きます。基本的に申告書に税理士の「代理権限証書」を添付されている方は税務調査があった場合でも発言することは必要最小限となります。納税者に代わって税理士が調査官と向き合うことになるためです。税務調査の現場では以下のようなことがよく問題となります。

イ 事前通知の不徹底
 税務調査において調査官は、事前に通知を行う事が原則となっています。事前に通知を行わない無予告調査は違法です。一般的に飲食業等の現金商売を行っている業種が無予告調査を受け、実際にいきなりレジの現金や通帳を押収されることがあります。しかしこれらの行為は質問調査権の拡大解釈であり、違法行為です。無予告調査が認められるのは令状に基づく強制調査のみですので、もし調査官が無予告で会社に来た場合は帰るように促して下さい。

ランチェスターの法則-量7質3の原則-

admin に投稿

量7に質3の原則
第2次世界大戦中にアメリカは、対日本戦予算の枠内でどの様な配分で予算を組むかを考えていました。アメリカは、ランチェスターの法則を応用してB29の爆撃機に3分の2、その他の航空機や戦艦、空母、戦車に3分の1の予算を配分しました。ちなみにB29爆撃機は直接日本の国内にある軍需工場や国民を確実に破壊するものです。
この記事は弊社情報誌の2009年4月号からの転載です。

『「成果=量の分野の2乗×質の分野」の計算式で総予算を「10」としたとき、どの様に配分すれば成果が最大になるか?』の表によると成果が最大になるのは「量の分野」が約7で「質の分野」が約3の場合になります。経営でお客さんを直接攻撃するのは営業部隊です。つまり営業が量の分野となります。質の分野は管理部門ということになります。
この原則は、エネルギーの配分にも使えます。計画を立てるための時間が3、計画に基づいて営業を行う時間が7という具合です。営業マンの時間配分は訪問面会件数が7で、段取りや営業技術が3となります。経営者であれば顧客の要望やその変化、競合社の取り組みといった営業の管理に7の力、会社内の仕組みなどの社内管理に3の力を注ぎます。

ランチェスターの法則-弱者の法則-

admin に投稿

まともに戦ってもかてません!
「兵隊の数だけが問題であるから、中小企業は尻尾を振って逃げればいいのね!」といいたいわけではありません。中小企業は、アメリカ軍の様な強者の戦略である①物量戦②複合戦③間接戦④広域戦⑤包囲線を使ってはダメだということです。どんな業界にも先行しているナンバーワン企業があります。ナンバーワン企業は強者の戦略を使って戦えば良いのですが、新参者が同じように強者の戦略を使っても勝つことができないということです。
この記事は弊社情報誌の2009年4月号からの転載です。

弱者の戦略
そこで中小企業には弱者の戦略が必要となります。この弱者の戦略は強者の戦略の応用となります。どんな大きな戦いも、小さな戦いの積み重ねに過ぎません。また、経営は戦争と違い、先行企業(優位企業)と弱小企業が命の取り合いをする直接戦ではありません。顧客を介した間接的な戦いになります。全体では10対1の戦いであっても、顧客を介した小さな戦いの場においては、1対10を作り出すことも可能です。特定の顧客や特定の商品、特定の地域などの限定された戦いにおいて1対10を作るのが弱者の戦略です。

ランチェスターの法則

admin に投稿

ランチェスターの法則とかランチェスター戦略とか、聞いたことがあると思いますが、あれは、いったい何なのでしょうか?
この記事は弊社情報誌の2009年4月号からの転載です。

「戦い」に勝つには、「根性・がんばり」とか、「勝つ為の強い意志」といった精神論が結果を大きく左右します。ただ、「戦い」には、精神的なもの以外に科学的なものも少なからずあります。これがランチェスターの法則・原則といわれるものです。
このランチェスターの法則を応用して、第2次世界大戦でイギリス軍はロンメル作戦で成功を収め、アメリカ軍はガダルカナルの戦い以降のすべての戦いで勝利し続け、日本は負け続けました。学術的にはオペレーションズ・リサーチと呼ばれ、さまざまな計画に際して最も効率的になるよう数学的・統計的モデルやアルゴリズムを研究する分野として多くの研究者がいます。今回はランチェスター第2の法則を中心に、「弱者の戦略」について一緒に考えてみましょう。

自動運転は危険

wara に投稿

私たちは、自分自身の判断や意思決定をどうやったら向上させられるでしょうか。心理学者にしてノーベル経済学賞を受賞したダニエル・カーネマンは「よほど努力をしない限り、ほとんど成果は望めない。」といっています。彼自身が、「相変わらず自信過剰で、極端な予想をし、計画の錯誤に陥りやすく、その度合いは、この分野の研究を始める前と、実はさして変わらないのである。私が、進歩したのは、いかにもエラーがおこりそうな状況を認識する能力だけである。一方、自分が犯したエラーではなく、他人のエラーを認識することにかけては、大いに進歩したと思う。」と述べています。これだけでも大きな意義があります。
今回はダニエル・カーネマンの研究を少しかじってみます。
(way to the Top 2016年8月号から)

みなさんはこんな経験はないでしょうか?
1 前後不覚になるまでアルコールを飲み、気がついたら自分の家の玄関で寝ていたという経験。(私はありません。)
2 引っ越したばかりの時に、気がついたら、引っ越し前の家に向かっていたという経験。(これは私にもあります。)

似たような経験はないですか。どうも私たちの頭の中には自動処理システムがあるようです。

能力は伸ばせるはず

wara に投稿

流行のマインドフル
ハバード大学のエレン・ランガー教授は、マインドフルネスの第一人者です。マインドフルネスとは、新しい物事に能動的に気づく心理的状態です。いま、この時に向き合い、状況や全体像を敏感にとらえられ、物事に熱中し、活力にあふれている状態です。
経営者として、マネジャーとして、その様な状態で、会社の経営や統括する部署を運営したならば、きっとみんなが幸せになれるでしょう。
(way to the Top 2016年4月号から)

しかし現実は
目の前の仕事や義務に追われ、新しい試みもせず、今までおこなってきた作業を今までと同じように処理し、そんなことを繰り返している毎日です。。
また、経営者やマネジャーは、もっと良い営業成績を、もっとたくさんの利益を要求されています。本当は、もっとお客様に喜ばれる良い仕事、もっと価値のある創造性にあふれる仕事を望んでいます。前者は今そのときの結果を求められていて、後者は将来の成果を求めているということができます。